ITの力を使って、地域が抱える課題を市民自らが解決し、北九州市を中心に地域活性に取組むコミュニティ「Code for Kitakyushu」が新型コロナウイルスの影響で売り上げが激減している飲食店を支援しようとリリースしたwebアプリ「北九州テイクアウトマップ」にロゴやテイクアウト告知のツールなど提供しました。

プロジェクト開始のきっかけ

地域の飲食店は新型コロナウイルスにより大打撃を受けています。

それぞれの店は様々な工夫でなんとか経営を続けています。

お弁当などのテイクアウト販売を始めるお店が増えていますが、情報が点在し見つけづらい状況です。 そこで、利用したい人とお店をつなぐ応援サイトを急いで作ってみました。 こんな時こそ身近な地元のお店を利用しましょう。 この活動はボランティアで行っています。

https://bento-ktq.glideapp.io/

小倉経済新聞での取材記事を見た後に、主催の方がfacebookでロゴを作っていただける方いませんか?と投稿していたので少しでも力になれるのであればと協力させていただきました。

店舗掲載は無料です

現在、飲食店オーナー様や市民の皆様からの情報を募集しているとの事なので店舗情報の投稿用フォームもご案内しておきます
下記のボタンからアクセスできるので情報あれば是非ご連絡ください。
注:情報提供にはgoogleアカウントが必要になります。

テイクアウト告知用ツール

ロゴに併せてテイクアウト告知用ツールも作成しています
必要なお店の方いればご活用下さい。

関連URL