ウェブ制作に必要なエッセンスを見極め使えるカタチにする力

昨日、さんの北九州オフィスで開催された「北九州マカベン x メンバーズ」に参加してきました。

マカベンって

福岡市で始まったHTMLのマークアップを中心とした勉強会です。
「福岡マークアップ勉強会)」略してか「マカベン」だそうです。
有志のウェブ制作者が企画しているHTML・CSS、javascriptを扱うフロントエンドにウェイトを置いた勉強会です。(違っていればすいません。)

今回は北九州市で開催、主催・運営を友人とメンバーズの方が行うという事もあり参加してみました。

今回の勉強会のお題は“WEB制作フローを比較してみる”

今回の勉強会のお題は“WEB制作フローを比較してみる”で、他社あるいは、他の人がどのようにサイトを作っているかをグループワークを通してセッションしようでした。

案件規模の違いを実験

グループワークは、参加人数も多くはなかった事もあって、株式会社メンバーズと福岡・北九州市のフリーランス・個人事業主の皆様の制作フローの比較のような感じになりました。
ブログでは詳細はかけませんが、株式会社メンバーズのHPの実績紹介を見ていただければ分かるように案件規模が違いすぎます。
なので聞く話が全てに感心するばかりでした。数万ページ規模のウェブサイトを1年近く数十名のスタッフで制作するためのRFPの作成・提案、大規模案件の制作ディレクションなどはとても興味深い話でした。
逆に株式会社メンバーズの方は個人事業主やフリーランスのディレクション方法、仕様書作成についての話は新鮮だったようです。

エッセンスを見極め、抜き取り、使えるカタチにする力

規模は違えど同じ業種になります。
当然、ウェブサイト制作において重要な事は同じです。

株式会社メンバーズのワークフローは専門誌や書籍などで紹介されているような方法に近かったです。しかし、これらは個人事業主やフリーランスの人がそのまま取り入れる事は不可能です。
だからこそ、ウェブサイト制作において大事な部分を見極める力が重要です。

教科書通りにやって成功する事はほぼありませんが、教科書には大事な事が書かれているのは事実でもあります。
この大事な事(エッセンス)を見極め、抜き取り、自身とお客様のビジネスに活かしていくためのカタチにする。そんな力が地方のウェブ製作者には必要だなあと感じました。

久しぶりにウェブ関係の勉強会に参加したのですが、中々に新鮮な時間でした。
また機会あれば参加したいと思います。
企画・運営した皆様、ありがとうございました&お疲れさまでした。


facebookコメント

プロフィール

  • Twitter
  • Facebook
  • Google+

株式会社ワクグミ

代表取締役
ウェブブランディングディレクター

田川昌輝

Webを軸に中小企業のブランディング支援を手掛けるデザイン会社を経営。 また、日本で唯一の「ブランド・マネージャー」を養成する専門機関である一般財団法人ブランドマネージャー認定協会公認トレーナーとしてて講座やセミナーなども行っています。

エントリーリスト

カテゴリーリスト